So-net無料ブログ作成

日航機羽田沖墜落事故(1982年)片桐機長の今現在は [事件・事故]







1982年2月9日に発生した

日本航空福岡発東京行350便の羽田沖墜落事故。



この事故の原因は、着陸態勢にあったJL350便を

片桐機長が逆噴射させたことが原因で

墜落しました。



なぜこのような行為に及んでしまったのか

また、この事故を起こした片桐機長は

今現在はどうなっているのでしょうか。



日航機羽田沖墜落事故 JL350便の片桐機長の今現在は?


羽田沖に墜落した機体はDC-8-61型機、

午前7時34分に福岡空港を離陸したJL350便は順調に飛行し、

8時35分には羽田空港への着陸許可を受け

着陸態勢に入っていたようです。



しかし、高度200フィート、約61mあたりで、当時JL350便の機長だった

片桐機長が4つあるエンジンのうち2つを逆噴射させ

操縦桿を前に倒したために機体は降下

副操縦士と航空機関士が操縦桿を引き上げ

エンジンの推力を元に戻そうとしましたが間に合わず

8時44分7秒、滑走路の南300mの海上に墜落しました。



滑走路手前の誘導灯をなぎ倒しながら墜落した

350便の機体は真っ二つになり

機首の部分が機体後部にめり込んでいたそうです。



350便には乗員乗客合わせて174名が乗っていましたが

この墜落事故により24名が帰らぬ人となってしまいました。



この事故の直接の原因となったのは片桐機長が

逆噴射と機首下げを行ったことによるものですが

この操縦に至った原因は遺伝性の精神病によるものだったそうです。



事故後、業務上過失致死罪により逮捕された片桐機長ですが

精神鑑定の結果、妄想型精神分裂症(2002年以降は統合失調症と呼ばれている)と診断され

不起訴処分となっています。


[スポンサードリンク]





片桐機長は事故から約1年後に

日本航空を解雇されています。



松沢病院に入院中に解雇になった事実を知り

動揺したようですが、退職金をもらい

日本航空の年金と精神障害者保健福祉給付を受けとって

葉山の自宅で暮らしているようです。



2002年とかなり前に週間文春で記事になったようですが

自動車の免許を再取得し、たまに外出しているようですが

唯一の趣味だった釣りにもいかずほとんど家からは出ないようです。



妻がパートの仕事をしていて

たまに2人でコンサートに出かけたりしているようです。



この記事の内容が真実であったなら

遺族の方はやりきれない思いでしょうね。



片桐機長は、事故前日にも同じ乗務員で乗務していたようですが

離陸許可が出ていないにも関わらず

パワーレバーを操作しようとしたり

機体を70度にまでバンクさせて15秒間で250mも機体を降下させたりと

そこでも異常な行動をしていたようです。



このような異常な兆候が見られていたのに

未然に事故を防ぐことは出来なかったのでしょうか。



[スポンサードリンク]




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。