So-net無料ブログ作成

竹ノ内佑也 中学高校剣道でも無類の強さ!父の英才教育と負けず嫌いの性格で経歴も輝かしい!? [スポーツ]







現役大学生の21歳5ヶ月で、全日本剣道選手権では

実に43年ぶりの学生王者となった竹ノ内佑也さん。



様々な道を極めている

その道のプロが主演する情熱大陸に

現役大学生が出演されるというのは

とてもすごいことだと思います。



現在の最強剣士といっても過言ではない

竹ノ内佑也さんについて調べて見ました。


竹ノ内佑也 中学高校剣道でも無類の強さ!父の英才教育で経歴も輝かしい!?


1993年6月3日生まれの現在21歳という竹ノ内佑也さんですが

現在は筑波大学の4回生で剣道部の主将を務めています。



全日本剣道選手権では

参加64選手中53人が警察官で

大学生はわずか3人。



警察包囲網ともいえる強豪選手たちを

得意の「美しい面」で破り見事に優勝を果たしました。



宮崎県出身の竹ノ内佑也さんは

幼少期から剣道7段の父に剣道の英才教育を受け

中学・高校と剣道一筋の生活を送ってきました。



竹ノ内佑也さんは当時から負けず嫌いの性格だったようで

道場で練習中に相手からやられたことは

やり返すことを学んだそうです。



その結果、体の芯が一本通った

美しい面を体得したとのこと。



剣道7段の父の教育と負けず嫌いの性格からくる

うまい人から技術を盗んで体得するという行為が

竹ノ内佑也さんが全日本剣道選手権初出場で

学生王者という快挙を成し遂げた理由だったのかもしれませんね。


[スポンサードリンク]





竹ノ内佑也さんは、高校は福岡大濠高校へ進学し

インターハイの団体戦

インターハイと同等もしくはそれ以上のレベルと言われる

3大大会のひとつ、玉竜杯で2年連続優勝などをしており、

全国でタイトルを総なめにしてきました。



福岡大濠高校は剣道界では強豪校で

その学校で大将を務めていたということは

それだけの実力があったということですね。



現在剣道4段という竹ノ内佑也さんの年齢でとれる

最高段位ですし、4段の合格率は30~45%ほどらしいですので

竹ノ内佑也さんの技術力のすごさがわかります。



また、幼少期に剣道の手ほどきを受けたであろう

竹ノ内佑也さんの父の剣道7段ですが

6段になった後、6年以上もの修行が必要で

合格率はなんと8~10%という狭き門です。



竹ノ内佑也さんの父親も

何年間も剣道の稽古を続けていたと思います。



息子である竹ノ内佑也さんにその剣道を教えて

全日本剣道選手権で優勝したともなれば

竹ノ内佑也さんの父親もとても喜んでいるしょうね。



これからも、剣道界を引っ張っていく

剣道界のホープとして頑張って行って欲しいと思います。



[スポンサードリンク]




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。