So-net無料ブログ作成

元少年Aが手記絶歌を出版!酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)の手記内容と感想は? [事件・事故]







1997年におきた神戸連続児童殺傷事件の犯人、元少年Aの東慎一郎が

手記「絶歌」を出版しました。



犯行に至るまでの経緯や事件後の生活

現在の心境などを綴っている本です。



書店では飛ぶように売れているようで

Amazonの売れ筋ランキングで1位になっていることでも

話題を集めています。



元少年Aが手記絶歌を出版!酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)の手記内容と感想は?


絶歌の出版に関して太田出版の岡社長は

「彼の心に何があったのか社会が知るべきだと思い、彼自身の詳細な記憶力や表現力も合わせて出版を決めた」

と出版に至った経緯を説明しています。



神戸連続児童殺傷事件の犯人、元少年Aの犯行当時の年齢は14歳。

このような凶悪な事件をおこした犯人が14歳の少年であったことで

世間に驚きと恐怖を与え、

少年法改正の大きなきっかけとなった最初の事件になりました。



全294ページに及ぶ元少年Aの手記「絶歌」。

2004年に医療少年院を仮退院後

家族とは離れて溶接工や日雇いのアルバイトをして生活していくなかで

「生きている」ということがどれほど奇跡的なことであるか

実感するようになったと書いています。



また、手記を書くことが

自分自身の生きる支えになっていたことも明かしています。



巻末のあとがきでは

「どれほど大切なかけがえのない存在を、皆様から奪ってしまったのかを、思い知るようになりました」

などと語っています。



[スポンサードリンク]
















本の印税はおよそ1200万円にもなるといいます。

ニュースでは被害者家族への補償にする意思があると

報道されていたものもありましたが

最終的にはどうなるのでしょうか。

[スポンサードリンク]




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。